使用事例

微弱(10μA〜数百mA)な直流信号やパルス信号を非接触で検出したいニーズはPicsorで解決

世の中には微弱な直流電流信号が色々な場面で存在しております。
電流検出するためには測定線に電流計やシャント抵抗を接続しなければなりません。
それら測定線を取り外せない、外したくないという場面も数多く存在しています。
そんなときはPicsorをご用命下さい。

Picsor

事例1 プラント制御DC電源網の漏洩事故で不具合の特定に困っていませんか?

対応

枝線±ラインをPicsorで一括クランプすれば異常が一発で発見できます。

詳細説明

プラント設備にはリレーや電磁弁などDC製品が数多く使用されており、それらの駆動電源してDC電源線が多くの系統として配線しており、電源の大元ではブレーカが設置され異常時の電源停止はされているものの、以上固定にはそれぞれの電源線を外しながら調査をする必要があり大変な作業となる。枝線毎にPicsorを取り付ければ異常個所の特定が可能です。

DC電源ラインの異常監視・異常感知 絶縁監視

事例2 高圧仕様危機のDC電源の微弱漏洩を検出したいニーズはございませんか?

対応

事例1同様電源の±ラインを一括クランプする。

詳細説明

高圧や大電流などの特殊な環境でもこの方式であれば、漏洩異常が発生し±のバランスが崩れた瞬間の初期異常を検出できます。 重大事故を未然に防げます。

高圧機器の漏洩検知

事例3 LEDや特殊ランプのようなDC製品の断線検出したいニーズはございませんか?

対応

DC製品の電源ラインにPicsorをクランプ

詳細説明

後付で配線を外せない場合や、通常の電流値が大きくシャント抵抗などを入れると熱ロスが大きいなどの場合Picsorの後付・非接触という特徴があり問題解決できます。

ハロゲンランプやLED等の直流部品の断線検知

事例4 電磁弁、リレーなどは寿命と動作電流に相関があります。

対応

モニター体商品の電源ラインにPicsorをクランプ

詳細説明

ソノレイド系のコイル製品は機械寿命が近づいてくると動作電流が近づいてくると動作電流が増加したり、立ち上がりスピードが遅くなったりという変化があります。よってPicsorで動作電流のモニターをすれば予見的対応が可能です。但し、電流値と寿命の相関関係は各アプリケーションごとに調査が必要となります。

ソノレイド関連機器の経年変化を
遠隔監視

事例5 既存システムへの機能追加としてDC信号を検出したいニーズはございませんか?

対応

検出したい機器の電源ラインにPicsorをクランプ

詳細説明

例えば無人システムの異常を遠隔監視したい。そのシステムのアラーム信号はLED点灯の場合、信号ラインを切断し改造すれば可能であるが、PicsorであればLEDケーブルへクランプするだけで信号の取り出しが可能となります。

無人設備の異常アラーム信号の遠隔監視

事例6 重要な動作を司るリレーの動作電流をモニターしたいニーズはございませんか?

対応

リレーの電源ラインにPicsorをクランプ

詳細説明

安全上の冗長対応で動作監視したい、電源ラインにはシャント抵抗などを入れたくないなどの条件がある場合でもPicsorであれば検出可能です。

直流リレーの状態監視

事例7 圧力センサーや磁気センサーなどの微弱電流出力を計測したいニーズはございませんか?

対応

センサ出力にPicsorをクランプ

詳細説明

各種センサには数十μA〜数十mAの電流出力仕様となっている製品があります。現状適切な測定方法がなく、実態的なシステムの動作として判断するしかありません。そういった課題をPicsorで解決できます。

特殊センサ出力の検出

事例8 電力積算メータの電力パルス信号を検出したいニーズはございませんか?

対応

電力積算メータのパルス出力線にPicsor(パルスセンサ)をクランプ

詳細説明

電力積算メータには、数mAの出力信号が準備されており、Picsor(パルスセンサ)は1mAのパルス検出が可能です。

デマンドコントロール(省エネシステム)

事例9 電タイヤの回転数、エンジン回転数などのパルス信号を検出したいニーズはございませんか?

対応

それぞれの信号線にPicsor(パルスセンサ)をクランプ/p>

詳細説明

事例8と同様の信号検出であるが、車やその他の製品評価などで信号線を外すことが出来ない場合に信号線にPicsor(パルスセンサ)をクランプすれば数mAのパルス信号を検出可能です。

車輪やエンジンの回転スピードを検出

Picsorの仕様事例

型式 測定電流 関連 取付け場所 用途 メリット
HDCC 直流







0〜300μ
分解能10μ






0〜3mA
分解能100μ








0〜30mA
分解能1mA






0〜300mA
分解能10mA
漏洩検出 直流電源 負荷側での漏洩検出をしたい場合に電源ライン(+,−両方の線)を同時にクランプする。正常であれば±同じ電流なので打ち消しあうが、負荷部での漏洩が起きればバランスが崩れ、センサー出力が発生し、漏洩状況が検出できる。 安全性を重視する高圧電源のシステムなどで非接触検出が可能なので安全性やエネルギーロスなしの面で好まれる。
信号機、特殊ランプなどの断線検出 LED、ランプの電源線 直流用のランプ類の断線検出 LED等の微弱電流の場合や逆に大電流の場合のエネルギーロスがない。
計装業界 各種信号ライン IEC規格となっている4-20mA電流信号の検出やメンテ確認用に利用可能。 これまで接触型での対応が非接触での対応が出来る。
バッテリー残量検出 バッテリー 昨今のバッテリーは高性能となり電圧検出ではバッテリー残量が正確に把握できない。電流値を積算することにより電流容量把握が出来るため、電圧検出と併せて判断すれば正確な残容量把握が可能となる。 お客様へのより現実的なアラーム表示が可能となる。
発電所関連 各種バルブ
電源ライン
バルブ用モータの界磁電流の検出 微弱モードと大電流モードが混在するので非接触のメリットがある。
メンテナンス
関連
電磁弁 プラント関連などで重要な電磁弁の経年変化を遠隔検出する。これは電磁弁の寿命と動作電流値の変化に相関性があると言うことに着目した使用例である。(寿命が近づくと消費電流が増加。Ex:初期値100mA-->経年変化で10%〜20%増加する) 現状マニュアルチェックしたり、定期的に交換したりの対応となっているが、チェックの手間削減や利用期間の適正延長によるコスト削減が見込める。
電磁リレー 鉄道の転轍機をはじめとして様々なところで使用されている電磁リレーも上記電磁弁と同様、寿命が近づくと消費電量が増加してくるので同様の目的で使用が可能である。 上記同様
太陽電池 漏れ電流を検知してシステム回路故障のアラームをあげる 故障の事前アラーム
(事故防止)
省エネ関連 射出成型機 射出成型機の効率的運転をするためにコンプレッサーやヒータなど各動力源の効率運転をコントロールしたいが現状はすべて100%稼働の状況である。それぞれの動力源の運転状況を把握するためにそれらの制御信号を検出する為に使用する。 電力削減(効率よく運転すれば20%〜30%の電気代節約がS見込める)
燃料電池関連 セル 燃料電池評価システムでセルの面電流を計測する 非接触で電流計測が必要の為、本センサーが適合。
HIM 直流 計装関連 産業機器の制御盤等 現状シンクロの電流プルーブはあるが、テスタやマルチメータレベルの微弱直流電流の検出がなく簡易計測用としての用途が見込める。 クランプ式により既設配線に対して後付け対応が可能
HPC パルス

シュレッショルドレベルをカスタマイズ化出来ます。
自動車関連、ドライブモニタなどの後付け商品 車速・エンジン回転信号など 車輪やエンジンの回転スピードを検出したい(車輪やエンジン回転に応じたパルス波形が準備されている) 後付でしか信号が検出できない(製品として信号出力が準備されていない)場合、既存信号線へ後付け対応が可能である。
デマンドシステム 電力メータ 電力メータより出力されているパルス信号線に後付することにより電力量が検出できる。 既存商品は貫通型のCTを使用しているので取り付けについては専用の業者への申請と作業依頼が必要であるが、クランプ構造なので不要となる。
アミューズメントのセキュリティ スロット、パチンコなどの内部 内部信号の内、入り玉検出のようにパルス信号が発生している部分の信号検出用として利用 ゴト行為防止(被害総額年間500億円)、ホール管理用の信号検出
HPL パルス 電力計関連 デジタル電力計 設備導入提案の為の事前調査に使用する
(デジタル電力計の出力パルスを検知)
パルスロガーを自社にて取り付けが可能となる。
(設置時間の大幅な削減)
HCTC 交流 アミューズメントのセキュリティ スロット、パチンコなどの内部 内部信号の内、電源ユニットなど交流の信号検出用として利用 ゴト行為防止
(被害総額年間500億円)